生活保護利用者の方へお願い

 当会では、今夏、昨年に出版した「間違いだらけの生活保護バッシング~Q&Aでわかる生活保護の誤解と利用者の実情」の第2弾の書籍を発行する予定です。
 この書籍の中で、生活保護基準引き下げや法改悪などの国による制度改悪に対する生活保護利用者の方の声をご紹介するコーナーを企画しています。

  ・あなたが考えていること
  ・国に対して言いたいこと
  ・みんなに聞いてほしいこと…
 

 ぜひ、生活保護利用者の皆さまの声を寄せていただけないでしょうか。
 (お名前はお聞きしません)

 ご協力いただける方は、下記フォームよりあなたの声を寄せてください。
 ただし、下記の《お願いとご注意》にも目を通してください。

 皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。
 募集は〈6月中〉とさせていただきます。




《お願いとご注意》
① なるべく多くの声を掲載したいので、300文字程度でお願いします。
② 固有名詞などは、こちらの方で修正させていただくこともあります。
③ 紙面の都合上、寄せられた声がたくさんの場合は、すべての声を掲載できないこともあります。あらかじめご了承下さい。
 (寄せられた声は、当会のブログでも公開する予定です。)





6月9日(土)10時~19時で全国6カ所で開催した「生活保護”緊急”相談ダイヤル」ですが、全国から363件の相談の声が寄せられました。

何度かけてもつながらない、という声も多く、
きっと電話はそれ以上にかかってきたと思われます。
電話がつながらなかった方、力不足ですみません。

寄せられた声は、

・報道のバッシングを見て、このまま制度が悪くなっていくのではと不安
・福祉のお陰で命が助かっている。騒がれだして病院の対応も変わった。不正受給者のような目に晒されて病院に行くのも怖い。
・最初から泣いている、生きていちゃいけないのか、死にたい、苦しい、TVを見るのが怖い。
・近所の人に「受給者はクズ」と言われた。お金のない人は死ぬしかないのか。
・これから申請したいと考えているが、テレビ報道のように別居の子供たちに迷惑がかかってしまうのか心配。
・どうしようもなくつらい。薬が増え、夜も眠れなくなった。体調悪い。死んでしまいたい。現物支給は差別。
・次長課長の報道以来声が出なくなり、夜も眠れない、食欲も落ちた。
・最近の報道から生活保護に後ろめたさを感じ、病院にも行きづらい。

という、当事者の方々からの叫びの他、福祉事務所の窓口での追い返し(水際作戦)の訴え、また、扶養義務調査強化で子供や親族に迷惑がかかるのでは心配する声も多数、ありました。


------------------
全体集計表
緊急ダイヤル集計表


印刷はこちらから






------------------
事例報告書
1ページを抽出


印刷はこちらから










--------------------



5月30日14時30分から開催された緊急記者会見の動画です。



~わたしたちの声を聞いてください~
「生活保護利用者の座談会」的院内集会のご案内


◎日時 2011年12月2日(金) 12時~15時 (受付11時40分開始)
◎場所 衆議院第一議員会館 第5会議室


生活保護の利用者が戦後「最多」となり、生活保護制度の「改革」が叫ばれています。国と地方の協議会、社会保障審議会生活保護基準部会、政策仕分けなど、多くの場面で改革についての話し合いが進められています。

しかし、果たしてそこには生活保護を利用している当事者からの声が一つでも反映されているでしょうか?

今、生活保護を利用している当事者は、なぜ生活保護を利用するに至り、どんな日々を送り、何を思い、そして、何かに希望をもって暮らしているのでしょうか。国は当事者の実情を知らないままで、どのような改革が実現できるのでしょう。

私たちは今回、生活保護を現在利用している、またはかつて利用していた当事者の声を聞いていただくために、標記のような集会を企画しました。

ご多忙とは存じますが、是非ともお集まりいただき、生活保護利用者の声をどうぞ聞いて下さい。

<進行予定>
1.あいさつ
2.趣旨説明
3.座談会
4.まとめ 代表幹事 尾藤 廣喜(弁護士)

<座談会参加予定者 >
・失業による保護利用者
・病気や障がいによる保護利用者
・依存症と向き合う保護利用者
・シングルマザー
・高齢の保護利用者
・DVによる保護利用者(参加者は変更になる場合があります。)

※報道関係の方は当日、報道の腕章等を必ずご用意くださいますようお願いいたします。

主催:生活保護問題対策全国会議



RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク