設立イベントチラシ
印刷版(PDF) のダウンロードはこちらから click!

「いのちのとりで裁判全国アクション」
設立記念イベント


2013年から2015年まで3度にわたって最大10%もの生活扶助基準引き下げが行われました。これに対しては、全国27都道府県で900名を超える原告が違憲訴訟を提起して立ち上がっています。
このたび、原告同士の交流や社会へのアピールなど訴訟支援を通じて、普遍的な社会保障制度の実現をめざすため、「いのちのとりで裁判全国アクション」を設立します。
誰もが人間らしく生きられる社会をめざして、集い、声をあげましょう。


日時 2016年11月7日(月)

13:30~16:00(開場13:00)


※13:00から衆議院第1議員会館ロビーにて通行証を配布します。



場所 衆議院第一議員会館大会議室
東京都千代田区永田町2-2-1
※東京メトロ「国会議事堂前駅」3番出口、有楽町線「永田町駅」1番出口から徒歩5分

  
入場無料・事前申込不要

総合司会 本田宏さん(外科医)

開会あいさつ 井上英夫さん(金沢大学名誉教授)

基調報告 小久保哲郎(弁護士)

原告からの訴え・国会議員あいさつ

ミニシンポジウム

コーディネーター:雨宮処凛さん(作家)


稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク)


藤川里恵さん(AEQUITAS/エキタス)


佐藤晃一さん(やどかりの里)


介護現場で働く方



集会アピール

まとめ 尾藤廣喜さん(弁護士)


主催:「いのちのとりで裁判全国アクション」準備会

[本件の問い合わせ先] 平日9時~18時
〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-16 西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所 担当弁護士 小久保 哲郎
TEL 06-6363-3310 FAX 06-6363-3320





160718権利としての生活保障を求めて
印刷版(PDF) のダウンロードはこちらから click!


生活保護問題対策全国会議設立9周年記念集会
「健康で文化的な生活」は何処へ?~権利としての生活保障を求めて


 予算の削減が続く社会保障の現場は一触即発。保育の分野では「保育園落ちた」という-個人のブログが大きなうねりを巻き起こし、高等教育の分野でも給付型奨学金の創設が政治課題となりつつあります。
 時代の転換点にある今、生活保護の分野でも、バッシングを乗り越えて、制度への理解と利用を促すにはどうすればよいか。全国27都道府県で900名近い当事者が原告として提訴している生活保護基準引き下げ違憲訴訟を足場に取り組めることは何か。各界のパネリストの方々とともに考えたいと思います。

 ぜひ、ご参加ください。

日時 2016年7月18日(月・海の日)
     13時~17時(12時30分受付開始)
場所 ハイライフプラザいたばし

  
申込不要・入場無料

プログラム
13時 開会挨拶・基調報告
「生活保護をめぐる最近の状況」

   小久保哲郎(弁護士・当会議事務局長)

13時10分 基調講演
 「当事者アンケートにみる生活保護基準引き下げの影響」

   山田 壮志郎さん(日本福祉大学社会福祉学部准教授)

【山田さんのプロフィール】1976年生まれ。日本福祉大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了。
社会福祉士。2010年4月より現職。専攻は公的扶助論。
著書に『ホームレス支援における就労と福祉』(明石書店、2009年。同署で第16階社会政策学会賞受賞)。
『無料定額宿泊所に関する研究』(明石書店、2016年)。


13時30分 当事者発言

13時45分 基調講演
 「大きなパイを隠してるのは誰?こんな分け前じゃ生きられない!」

   さいき まこさん(漫画家)

【さいきさんのプロフィール】2013年『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』(秋田書店刊)を出版・「生活保護を日本で最初に本格的に取り上げた漫画」として新聞各紙、テレビ番組などで取り上げられ話題となる。2014年「貧困ジャーナリズム大賞」特別証を受賞。2015年『神様の背中~貧困の中の子どもたち~』(秋田書店刊)を出版。

14時35分 休憩

パネルディスカッション「権利としての生活保障を求めて」
   コーディネーター:稲葉 剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
   パネリスト
   ・花井 圭子さん(労働者福祉中央協議会事務局長)
   ・我那覇 圭さん(東京新聞政治部記者)
   ・山田 壮志郎さん(日本福祉大学準教授)
   ・さいき まこさん(漫画家)

16時25分 まとめ
 「これからの私たちの取り組み」

   尾藤 廣喜(弁護士、党会議代表幹事)

主催 生活保護問題対策全国会議
後援 公正な税制を求める市民連絡会





生活保護基準引き下げ違憲訴訟における
裁判官忌避問題に関する記者会見


マスコミ 各位
       
生活保護問題対策全国会議  代表幹事 尾藤廣喜

                        
 国が2013年8月から3回に分けて行った、平均6.5%最大10%の史上最大の生活扶助基準引き下げに対し、全国27都道府県で850名を超える原告が集団違憲訴訟を提起して争っています。
 今般、これまで埼玉地裁において国側の筆頭訟務検事として被告訴訟代理人を務めていた裁判官が、判検交流期間を終えて裁判官に復職後、金沢地裁の右陪席裁判官として同種事件の審理を担当していたことが、弁護団間の情報交換を通じて判明しました。

 これは裁判の公正を疑わせる由々しき事態であることから、金沢弁護団が2月1日午後1時30分から予定されている期日において当該裁判官の除斥・忌避を申立てるとともに、私たちは、最高裁判所等に対して公開質問状を提出することとしました。

ついては、事案の内容等を説明させていただくため、下記次第で会見を開きますので、ご参加いただくよう、お願い致します。
 
【日時】2月1日(月)午後2時~ 
【場所】司法記者クラブ(霞ヶ関)


【出席者】
○尾藤廣喜(京都弁護団団長、当会議代表幹事)
○吉田雄大(京都弁護団事務局長、STOP!生活保護基準引き下げ全国争訟ネット事務局)
○小久保哲郎(大阪弁護団副団長、当会事務局長)


※2月1日(月)午後1時30分よりの金沢地裁での期日後に、現地で開催される報告集会にても詳細の報告・説明がある予定です。
(金沢弁護団の問合先:事務局長 徳田隆裕弁護士
弁護士法人金沢合同法律事務所 TEL 076-221-4111)


シンポ「社会保障の切り捨てアカン!財源(カネ)がないってホンマなん?~公正な税制のあり方を考える~」

 社会保障の充実のために消費税が増税されたはずなのに、生活保護、介護、年金、医療・・・とあらゆる社会保障分野で削減があいついでいます。「財源不足」がその理由です。
財源は本当にないのでしょうか?
人間の暮らしを支えることこそ、「国の財政」の本来的使命ではないのでしょうか?
各分野の現場で起きている声をもとに、気鋭の財政学者の提言に学び、公正な税制のあり方をともに考え、現場から声をあげていきましょう!

【日時】2016(平成28)年1月30日(土)午後1時~4時30分(12時30分開場)
【場所】AP大阪淀屋橋4階
大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビルTel:06-6204-0109
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」北改札より徒歩3分 地下鉄堺筋線「北浜駅」北改札より徒歩5分
http://www.tc-forum.co.jp/kansai-area/ap-osakayodoyabashi/oy-base/
【主催】公正な税制を求める市民連絡会・反貧困ネットワーク大阪・生活保護問題対策全国会議
【資料代】500円
【内容】
司会:徳武聡子(反貧困ネットワーク大阪事務局長、司法書士)、ラボルテ雅樹(社会活動家)
13:00 開会挨拶 宇都宮健児氏(弁護士、公正な税制を求める市民連絡会共同代表)
リレー報告(社会保障の現場から)
  ・生活保護  小久保 哲郎氏(生活保護問題対策全国会議)
  ・年金    永井守彦氏(全日本年金者組合大阪府本部)
  ・医療    姜 尚佑氏(大阪府保険医協会社会医療対策委員会)
  ・介護    日下部 雅喜氏(介護保険料に怒る一揆の会)
  ・障害    雨田 信幸氏(きょうされん大阪支部)
  ・奨学金   北村 諒氏(関西学生アルバイトユニオン)
・保育    大阪保育運動連絡会から
基調講演「分断社会を終わらせる〜「救済の政治」から「必要の政治」へ」
井手英策氏(慶應義塾大学教授)(75分)
 1972年生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。横浜国立大学客員教授。政府税制調査会専門家委員会委員、地方財政審議会臨時委員などを歴任。専門は財政社会学。著書に『分断社会を終わらせる』(筑摩書房)『経済の時代の終焉』『日本財政 転換の指針』(岩波書店)など。
私たちの提言 猪股正氏(弁護士、上記連絡会事務局)(10分)
質疑・意見交換
閉会挨拶 生田武志氏(反貧困ネットワーク大阪代表、野宿者ネットワーク代表)

連絡先
〒582-0006 大阪府柏原市清州1丁目2番3号豊永ビル4階 とくたけ司法書士事務所 徳武聡子
 TEL 072-970-2232 FAX 072-970-2233

生活保護の住宅扶助・冬季加算削減について
例外措置の周知徹底を求める記者会見



マスコミ 各位
                        
 国は、今年度から生活保護の住宅扶助基準(7月~)と冬季加算(10月~)を多くの地域で大幅に削減する方針を決めました。削減が形式的に徹底されると44万人の利用者が住宅難民化するという深刻な影響が予想されていますが、既に全国の現場で生活保護利用者に対して伝えられ始めています。
 一方、厚生労働省は、上記両者について経過措置・例外措置を認める通知を出し、これを柔軟に適用すれば、多くの利用者が救済される可能性もあります。しかし、こうした例外措置が、利用当事者に対してはおろか、現場のケースワーカーにも全く周知されておらず、既に各地で問題が生じ始めています。

 私たちは、厚生労働省に対して、柔軟な例外措置の適用と現場への周知徹底等を求めるとともに、この問題の詳細をご説明する記者会見を開催しますので、ぜひ多数ご参集ください。
 
【日時】6月18日(木)午後2時~ 
【場所】厚生労働省記者会

  (同日午後1時から厚生労働省保護課に要望書提出予定)


【内容】
 ・住宅扶助・冬季加算の例外措置等の内容
 ・当会議作成のQ&Aの発表(あるべき取扱い)
 ・各地で生じ始めている問題事例の報告
 ・厚生労働省に対する要望内容

【発言者】
 * 稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
 * 田川英信さん(元生活保護ケースワーカー)
 * 安形義明さん(全国生活と健康を守る会連合会会長)
 * 尾藤廣喜(弁護士、当会議代表幹事)
 * 生活保護利用当事者1~2名


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク