12月26日緊急ホットライン開催!
1 実施の趣旨
 社会保障審議会生活保護基準部会(以下「基準部会」)は、平成29年12月14日、社会保障審議会生活保護基準部会報告書(以下「報告書」)をとりまとめました。
報告書には、多くの留意事項がありますが、検証結果として、大幅な生活保護基準削減の計算が示されています。
世帯人員別の指数を実データで算出する場合では、夫婦と10歳未満の子2人世帯の類型では、1級地の1のケースにおいてマイナス13.7%など、最大10%を超える引き下げとなる検証結果となっており、これまでにない史上最大の引き下げの可能性がある報告です。
既に2013年から3回にわたり生活扶助が引き下げられ(平均6.5%,最大10%)、困窮する被保護者の生活が〝絶対的な(生活)水準を割ってしまう懸念〟すら指摘されるほど深刻な状況です。
私たちは何にもまして問題だと思っているのは、貧困当事者、生活保護利用者の生活実態がまったく考慮されていないことです。まずは、当事者の声を聞くべきです。
そこで、当事者の声を、内閣総理大臣、厚生労働大臣に届けるために、次の要領で、ホットラインを開設したいと思います。

2 概要
(1)名称
生活保護基準引き下げに反対します(緊急ホットライン)
~私たちの声を聞いてください~

(2)日時
2017年12月26日(火)午前10時~午後7時
(3)電話 
共通フリーダイヤル 0120-193518
東京会場5回線、さいたま会場5回線、大阪会場3回線
 /合計13回線
(4)実施主体
「生活保護基準引き下げに反対します(緊急ホットライン)」実行委員会

【共催】
生活保護問題対策全国会議
反貧困ネットワーク埼玉
ホームレス総合相談ネットワーク


171219緊急院内集会/もうひとつの生活保護基準部会

緊急院内集会
もうひとつの生活保護基準部会 ~厚生労働省は当事者・生活保護基準部会の声を聴け!~

 
 厚労省が来年度から生活保護基準を大幅に引き下げる方針を示しています。減額幅を5%に抑えるという報道も出ていますが、5%でも十分過酷な大幅引き下げです。2013年から生活扶助基準、住宅扶助基準・冬季加算が相次いで引き下げられ、29都道府県で違憲訴訟が争われているさなか、さらなる引き下げ自体があり得ません。
 
 下から10%の最貧困層の生活水準に合わせての引き下げは、市民生活全体の際限ない「引き下げスパイラル」を招くもので、生活保護基準部会も決して容認しているわけではありません。

 当事者・支援者の現場からの声を聴いてください!

【日時】2017年12月19日(火)午後2時~

    ※午後1時30分から衆議院第1議員会館ロビーで通行証を配布します

【場所】衆議院第1議員会館多目的ホール

    ※入場無料・事前予約不要


【内容】
「生活保護基準部会報告書をどう読むか」
布川日佐史さん(法政大学教授、元生活保護制度の在り方専門委員会委員)

「厚労省案のどこが問題か」
森川清さん(弁護士、元葛飾区ケースワーカー)

「子どものいる世帯の扶助・加算削減の影響」
桜井啓太さん(名古屋市立大学専任講師、元堺市ケースワーカー)

当事者・関係者のリレートーク
国会議員発言(適宜)


主催:「もうひとつの生活保護基準部会」実行委員会

   連絡先:あかり法律事務所 弁護士 小久保哲郎 (06-6363-3310)


10周年記念集会

印刷版(PDF)のダウンロードはこちらから

-貧困の連鎖を防げ-
生活保護でも大学に行きたい!


「高校をでたら、働きなさい」
…夢は、生まれた家庭で、諦めなければいけないのでしょうか?国はいまも、子どもが生活保護を受けながら、大学や専門学校などで学ぶことを認めていません。
「生活保護世帯の子どもの大学等進学率は33%」
 これは、一般世帯の73.2%の半分以下です。
 生活保護世帯の子どもたちの夢や希望を奪っている現状が、ここにあります。
 この間、生活保護費は大幅に引き下げられてきました。さらに、来年度は母子加算の削減などが検討されています。そうなれば、大学等進学率はさらに下がるでしょう。
 生活保護世帯の子どもたちの「進学したい!」という想いをかなえるために何が必要か。みなさんと考えたいと思います。
 

【日時】2017年10月1日(日) ※申込不要

13:30~16:30(開場13:00~)


【場所】エルおおさか 南館10階 1023号室

天満橋駅、北浜駅より徒歩10分程度
(大阪市中央区北浜東3-14) アクセスはこちら


【資料代】500円

※申込不要




全体司会

ラボルテ雅樹さん (ユニオンぼちぼち、とよなか国際交流協会)



開会あいさつ

徳武聡子 (当会議事務局次長、反貧困ネットワーク大阪事務局長)



基調講演「生活保護世帯の大学生の現状と課題~堺市実態調査から」

桜井啓太さん
名古屋市立大学講師。元堺市ケースワーカー。
主な著書:『〈自立支援〉の社会保障を問う』(法律文化社)、『揺らぐ主体/問われる社会』(インパクト出版会)ほか。



当事者の声

パネルディスカッション「人間らしく生きる権利を求めて」

  コーディネーター

中野冬美さん(女性のための街かど相談室ここ・からサロン共同代表)



  パネリスト 

桜井啓太さん

竹田一成さん(NPO法人あっとすくーる理事)
小学校1年生の時に両親が離婚し母子家庭で育つ。大学在学中の2010年にあっとすくーるの立ち上げに参加。現在は箕面市から委託を受けている学習支援の事業責任者を務める。

小久保哲郎(弁護士)
当会事務局長。いのちのとりで裁判(生活保護基準引き下げ違憲訴訟)大阪弁護団副団長。「間違いだらけの生活保護『改革』」(明石書店・2014年)等。


会場からの質問・意見など

閉会あいさつ

生田武志さん(反貧困ネットワーク大阪代表)



【主催】反貧困ネットワーク大阪、生保護問題対策全国会議
[本件の問い合わせ先]とくたけ司法書士事務所 司法書士 徳武聡子

TEL:072-970-2232 Fax:072-970-2233




印刷版(PDF) のダウンロードはこちらから click!


パネルディスカッション「なぜ助けてと言えないのか シングルマザーが語る本当のこと」

チラシ(PDF) のダウンロードはこちらから click!



*パネルディスカッション*
なぜ助けてと言えないのか
シングルマザーが語る本当のこと


日時
2017年8月20日(日)
14:00~17:00(開場13:30)

場所 
ドーンセンター 5階特別会議室

 アクセスはこちら

お子さん連れもOK。

これまでシングルマザー(シンママ)をめぐるいくつもの事件が起きた。
大阪市西区の2児放置死事件、大阪市北区の母子餓死事件、千葉県銚子市母子心中事件
等々…。
そして、事件後、必ず、なぜもっと早くサポートにつながらなかったのかということが
言われる。
ではなぜママ達はサポートにつながらなかったのだろうか。
このパネルディスカッションでは、シンママ大阪応援団でこの2年間につながったママ
たち自身に、「なぜ助けてと言わないのか、言えないのか」、また
「どんなサポートが必要なのか」を具体的に語っていただく。

コーディネーター 芦田麗子(神戸親和女子大学講師・社会福祉士)
パネラー シンママ大阪応援団メンバーのシンママさんたち


【主催】 大阪社会保障推進協議会/シンママ大阪応援団
【共催】 生活保護問題対策全国会議





2017(平成29)年8月


大阪市の生活保護利用者「確認カード」と
ビッグデータ分析を曲解した吉村市長提案
に関する記者会見のお知らせ


大阪市の4区において生活保護利用者の顔写真付きの「確認カード」の作成・交付が事実上強要されていることが発覚しました。私たちは、この「確認カード」の問題点を指摘するとともに事実関係について質問する公開質問状を大阪市等に対して提出します。

また、大阪市は大阪市立大学と共同で生活保護に関するビッグデータ分析を行いましたが、この分析結果を受け吉村市長が、①来阪後すぐの生活保護受給を審査する特別チームの設定、②受給期間が長期化する母子世帯に対する就労支援強化に言及しています。しかし、市長の提案は分析結果を曲解した根拠のないもので、いたずらに生活困窮者を追い詰め
るおそれが大です。

この2点について大阪市に公開質問状・意見書を提出後、説明のための会見を開催しますので、取材・報道いただければ幸いです。

【日時】
8月8日(火)14時~
大阪市保護課に書面提出・懇談

場所:本庁2階保護課会議室

15時30分~ 記者会見
※前の会見が長引けば遅れる可能性があります。
場所:大阪市政記者クラブ


【参加者】
○ 冨田慎平(弁護士)
○ 円山直子(浪速生活と健康を守る会顧問)
○ 大口耕吉郎(全大阪生活と健康を守る会連合会会長)
○ 中山直和(元大阪市ケースワーカー)
○ 井上賢二(大阪府保険医協会副理事長・姫島診療所医師)
○ 生田武志(野宿者ネットワーク代表)
○ 芦田麗子(シンママ大阪応援団サポーター・大学講師・社会福祉士)
○ 浪速区の生活保護利用当事者 複数名



RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク