生活の厳しさが増す年末です。

派遣切りの嵐が吹き荒れた2008年12月24日、全国で「明るいクリスマスと正月を!年越し電話相談会」を実施し、全国から相談が殺到しました。
4年が経ち、先般実施された日弁連の全国一斉生活保護ホットラインには、生活の苦しさを訴える相談が、1日で全国から約1万2000コール、朝から晩まで電話が鳴り続けました。

振り返れば、この4年、貧困率は過去最悪、世帯所得の低下が続き貯蓄ゼロ世帯も3割近くまで増加、生活の苦しさを訴える世帯も6割と過去最悪、生活保護も就学援助も過去最多、貧困の要因である労働分野での非正規雇用への置き換えの流れは変わらず、失業給付の利用率も2割程度でセーフティネットの穴は塞がらず、残念ながら、貧困拡大の大きな流れは変わりませんでした。その一方で、東日本大震災・原発事故による社会の危機と「がんばろう!日本!」キャンペーン、生活保護バッシングなどの中で、生きづらさを抱える人の声が封じられ、派遣村の取組等で一度は顕在化した貧困が、再び潜在化し、見えにくい状況が生まれています。

そして、年末のこの大事な時期に、政治は、生活保護基準の引下げや最低賃金の引き下げなど、生きづらい人を一層追い込む政策を公約に打ち出しながら、総選挙へと進みました。
選挙の結果、政権は2008年当時に逆戻りし、生活の困難を抱えた人の年末対策は置き去りになっています。

年末、私たちは、全国で、年越し電話相談会を実施します。
相談は無料ですので、お気軽に、ご相談ください。

                    年越し電話相談会実行委員会
                     代表 宇都宮 健児(弁護士)


【開催日時】
12月26日(水)午前10時~午後10時
    27日(木)午前10時~午後10時


*開催日時は地域によって異なります。
*愛知県では、12月25日(火)13時~20時 電話052-911-9290 
 で開催します。


【電話番号】
全国共通・通話料無料     free1.gif
0120-757192(貧困ないくに)



仕事がなくなり、役所も閉まる、年始年末の時期。
でも、あなたは一人ではありません。

生活保護・労働・借金・住まいの問題の専門家が、
一緒に、あなたの生活再建のお手伝いをします。


こんなご相談をお受けします。

*自分の今の状況で、生活保護って受けられるの?
*親族がいるから生活保護を受けられないと言われた
*生活保護を打ち切ると、役所に言われている
*テレビを見ていると、生活保護を受けていいいのか不安
*働いても働いても、生活が楽にならない
*会社から突然「もう来なくてイイよ」と言われた
*働いているのに雇用保険に入れてもらえない
*残業代を出してもらえない。給料を一方的に減らされた
*借金の返済に追われて、どうにもならない
*もう返済できない!夜逃げか自殺しかないの?
*家賃が一日遅れただけで、鍵を代えられた
*大家が勝手に家具や荷物を処分した


チラシ(PDF)はここからダウンロード

toshikoshisodan.jpg


















記者会見告知書のダウンロードはこちらから 印刷アイコン




                                2012(平成24)年12月

いのちの最終ラインをまもろう。
生活保護改革に関する各党公開質問状の回答結果等についての記者会見のお知らせ


マスコミ 各位

                   生活保護問題対策全国会議  代表幹事 尾藤廣喜
                        

 衆議院選挙が近づいておりますが、当会では、本年11月26日に、各政党に対して、生活保護改革についての公開質問状を発出しました。これまでに寄せられた回答内容などを中心に記者会見をしたいと思います。
 ご参集いただけると幸甚に存じます。
 
【日時・場所】
2012年12月5日(水)13時~ @厚生労働記者会

【内容】
1.各党に対する公開質問状の回答内容と当会の見解
2.「STOP!生活保護引下げ」アクションの取組内容など

【発言者】
  ○ 稲葉 剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)
  ○ 尾藤廣喜(生活保護問題対策全国会議代表幹事、弁護士)
  ○ 安里長従(全国青年司法書士協議会、司法書士)
  ○ 生活保護利用当事者
           
                            ほか




 11月26日に当会より各政党宛に発出した、「生活保護制度改革に関する公開質問状」に対し、本日時点で、日本維新の会、日本共産党、民主党、自由民主党、社会民主党、国民新党(以上、回答順)の6党より、以下のとおりの回答が寄せられました。
 ※11月26日時点に存在した政党にお送りしていますので、現時点と政党名等が異なることはご了承下さい。

●公開質問状の内容の確認は、こちらをどうぞ。
 →総選挙に際して、各政党に「生活保護制度改革に関する公開質問状」を発出しました。



【具体的な質問事項】

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
・わが国の貧困率は年々悪化し16%に達しています。このような現状は改善すべきと思いますか。

・わが国の生活保護の「捕捉率」は2~3割で受給漏れが多く、保護率(1.6%)も保護費の対GDP比(0.6%。OECD平均の4分の1)も先進国中特異な低さとなっています。このような現状は改善すべきと思いますか。

2.「生活保護給付水準の引き下げ」について

3.「現金給付から現物給付へ」について

4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について

5.「ジェネリック医薬品の使用義【質問事項】務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について

6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について

7.「ケースワーカーの民間委託」について





【各党からの回答】
★各政党からの回答一覧
(画像をクリックしてください)
公開質問回答一覧




  





・日本維新の会                                   ・  
 回答書(pdf)

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
  ・貧困率を改善すべきと思うか → 思う
  ・先進国でも低い捕捉率を改善すべきと思うか → (回答なし) 
2.「生活保護給付水準の引き下げ」について
    → その他「自立支援へ向けた制度に全面的に改めるべき」
3.「現金給付から現物給付へ」について → 賛成
4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について 
    → 賛成
5.「ジェネリック医薬品の使用義務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について 
    → 賛成
6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について
    → 賛成
7.「ケースワーカーの民間委託」について → 賛成 


・日本共産党                                     ・  
 回答書(pdf)

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
  ・貧困率を改善すべきと思うか → 思う
  ・先進国でも低い捕捉率を改善すべきと思うか → 思う 

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。せっかく貧困率や捕捉率が明らかにされたのですから、年次目標をもって解決すべきです。貧困と格差の拡大の大きな原因は、①非正規雇用の拡大や違法なリストラなど雇用破壊、②貧弱な社会保障制度にあります。ここを正していく政策が必要です。消費税増税は貧困と格差を拡大します。社会保障の拡充は、消費税に頼らず、富裕層や大企業などに優遇された税制を応能負担の原則に転換すること、大企業に貯めこまれた260兆円の内部留保を、雇用や賃上げ、中小企業に還流させる経済改革を行うことで可能です。

2.「生活保護給付水準の引き下げ」について → 反対

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。生活保護基準の引き下げは、生活保護世帯はもとより、賃金や社会保障給付など、国民の暮らし全体に大打撃になります。

3.「現金給付から現物給付へ」について → 反対

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。そもそも、生活保護は権利ですが、受給することを「恥」と思い込んだり、躊躇している人が少なからずいます。このもとで、現物支給を行えば、生活保護を活用している事が世間に知れ、辞退したり、受給を差し控える事が蔓延してしまいます。権利であることを国民が納得し合意できるように、行政は責任を持つべきです。

4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について 
    → 反対

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。具体的な稼働能力や生活環境、就労の場の有無などを度外視した就労支援ではなく、その人に合ったサポートが必要です。有期保護は、保護が必要な人を締め出すことになり、憲法に抵触します。

5.「ジェネリック医薬品の使用義務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について 
    → 反対

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。ジェネリック医薬品の義務付けは、保護世帯の医療の選択権を奪います。医療費の一部負担が導入されれば、その分最低限の生活費を削ることになります。これらは、生活保護世帯に必要な医療を受けさせず、病状が悪化すれば、返って医療費が増大します。

6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について
    → 反対

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。「証明の義務化」は、保護が必要な人に萎縮効果を与えます。さらに、扶養を保護の要件にすることにもつながります。これは、現行の生活保護法の成り立ちを無視したものであり、戦前の救貧制度に逆戻りすることになってしまいます。

7.「ケースワーカーの民間委託」について → 反対 

〈日本共産党の意見〉貴会の見解に賛同します。いま必要なのは、ケースワーカーの専門性を強化するとともに大幅に増やすことです。ケースワーカーの人件費は、全額国が責任を持つべきです。


・民主党                                       ・  
 回答書(pdf)

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
  ・貧困率を改善すべきと思うか → 思う
  ・先進国でも低い捕捉率を改善すべきと思うか → 思う 

〈民主党の意見〉「生活支援戦略」により、生活困窮者に対する生活支援を充実する。第2のセーフティネットである求職者支援制度の活用、ハローワークや自治体の様々な相談機能の縦割りの解消、NPOなどとの連携などにより、社会復帰、早期就労など自立のための再チャレンジを支援する。


2.「生活保護給付水準の引き下げ」について → その他

〈民主党の意見〉真に支援が必要な人に適切な生活保護の認定を行う。現在、社会保障審議会生活保護基準部会にて検討中。

3.「現金給付から現物給付へ」について → その他「検討中」

〈民主党の意見〉厚生労働省社会保険審議会生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会の議論と平行して検討中。

4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について 
    → その他「検討中」

〈民主党の意見〉上記3に同じ。

5.「ジェネリック医薬品の使用義務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について 
    → その他「検討中」

〈民主党の意見〉医療扶助について電子レセプト点検の強化や、後発医薬品使用の促進などの改善をすすめる。

6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について
    → その他「検討中」

〈民主党の意見〉上記3に同じ。

7.「ケースワーカーの民間委託」について → その他「検討中」 

〈民主党の意見〉上記3に同じ。


・自由民主党                                     ・  
 回答書(pdf)

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
  ・貧困率を改善すべきと思うか → 思う
  ・先進国でも低い捕捉率を改善すべきと思うか → その他 
2.「生活保護給付水準の引き下げ」について
    → その他
3.「現金給付から現物給付へ」について → その他
4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について 
    → 賛成
5.「ジェネリック医薬品の使用義務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について 
    → 賛成
6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について
    → 賛成
7.「ケースワーカーの民間委託」について → 賛成 


・社会民主党                                     ・  
 回答書(pdf)

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
  ・貧困率を改善すべきと思うか → 思う
  ・先進国でも低い捕捉率を改善すべきと思うか → 思う 

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に同意します。
 生活保護制度に関連するバッシング報道が過熱するなか、民主・自民・公明三党の確認文書に基づく「社会保障制度改革推進法」の附則に「生活保護制度の見直し」が挿入され、不正受給者への厳格な対処や生活扶助・医療扶助等の給付水準の引き下げが行われようとしています。
 生活保護利用者数の増加は、財政負担や不正利用事案の増加とともに報じられ、負のイメージをもって語られることが多いですが、利用者数の増加と財政負担を理由に制度が縮小されるようなことがあってはなりません。我が国における利用者数や総人口比での利用率は、先進諸外国に比べると未だに著しく低いレベルにとどまっています。600万~850万人の人が「漏給」となっている問題の方が深刻です。必要とする人がもれなく制度を利用できるようにするべきです。
 生活保護急増の背後にあるのは、長引く不況、仕事の減少に加え、医療、雇用、介護、年金などの社会保障制度のほころびです。現在の生活保護制度は、非正規雇用の増大、ハンディキャップを持つ者の労働市場からの排除、最低賃金の低さ、雇用保険制度の不十分さ、低年金・無年金といった日本の労働政策・社会保障政策のしわ寄せをカバーする機能を一身に担っています。こうした社会経済状況の変化の中で、憲法25条の生存権保障を具体化した生活保護制度は、格差・貧困社会の是正に向けた大きな柱であり、「最後のセーフティネット」として機能を強化すべきです。同時に、雇用の再建と生活保護に至る前段階でのセーフティーネットの充実など、様々な支援と連携した新しい制度も求められていると考えます。
 とくに、日本は子どもの貧困率が非常に高く、子どもの7人に1人、ひとり親世帯の子どもは1.8人に1人が貧困状態にあります。その背景には、労働環境の劣化、社会保障制度や税制が貧困の解消に役立っていないなど構造的な問題があります。「子どもの貧困」を解消するため、保育、教育、住居、健康、雇用など包括的な政策を実行し、貧困の連鎖に楔を打ちます。継続的に政府の貧困率測定調査を実施し、数値目標を定めて貧困の削減に取り組みます。


2.「生活保護給付水準の引き下げ」について → 反対

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に同意します。
 生活保護基準は、憲法25条が保障する「健康で文化的な最低限度の生活」の基準であって、国民の生存権保障の水準を決する極めて重要な基準です。生活保護基準が下がれば、最低賃金の引き上げ目標額、地方税の非課税基準、医療・福祉・教育・税制などの多様な施策の適用基準にも連動しており、庶民の生活にも大きな影響を与えることになります。生活保護基準の引き下げは、最低生活ラインを際限なく引き下げていく「貧困のスパイラル」に陥り、夢も希望ももてない社会を招来することになりかねません。生活保護受給者だから現在の貧困よりももっと低い最低の暮らしを迫られるのは差別です。「最低生活の基準」ではなく、「人間に値する生活を保障するための最低限度の基準」を考えるべきであり、生活保護基準の底上げはまだまだ足りません。安直かつ拙速な生活保護基準の切り下げには断固として反対します。


3.「現金給付から現物給付へ」について → 反対

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に同意します。
 自民党などが食費や衣服代などの主に生活用品に関して、受給者に現金ではなく食品と交換できるクーポン券を配る他、電子マネーなどの形で生活費を支給することを検討しています。食費も現物支給が実現できれば、保護費に占める食費の割合を下げることを可能になるというものです。
 現物支給となると、食費としての水準が決まってしまい、ただでさえ低額の保護費の削減に拍車を掛けることになります。選択の幅もなくなります。何に引き替えたのかまで管理されます。
 スーパーなどで「私は生活保護受給者です」との烙印を押し、差別や偏見が助長されます。それがいやなら辞退しろとでもいうのでしょうか。「施してやるから我慢しろ」というのではなく、権利としての生活保護制度として、議論すべきです。


4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について 
    → 反対

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に賛同します。具体的な稼働能力や生活環境、就労の場の有無などを度外視した就労支援ではなく、その人に合ったサポートが必要です。有期保護は、保護が必要な人を締め出すことになり、憲法に抵触します。

5.「ジェネリック医薬品の使用義務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について 
    → 反対

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に同意します。
 生活保護受給者は安いジェネリック医薬品で十分だというのでは、差別・偏見につながります。ジェネリックだろうがそうでなかろうが、一人一人に適した医薬品が提供されるべきです。
 また、たしかに医療扶助に自己負担がないこともあって、過剰診療や薬の過剰投与が起きやすいという問題が生じています。しかし、過剰診療や過剰投与は病院側の問題です。一部自己負担制によって、必要な受診すら自粛することになりかねず、命の危険をもたらすことも懸念されます。
 医療扶助のあり方の見直しは行うべきですが、必要な医療を確保するために福祉事務所に専門の職員を配置し、受給者に対して、医療に関する相談、助言などを行うのが先です。


6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について
    → 反対

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に同意します。
 生活困窮者は親族に問題を抱えているケースが多く、現在、生活保護は扶養を要件とはしていません。
 まず、扶養義務が強化されると、ますます生活保護が利用できなくなり、餓死や孤立死が増えることは火を見るより明らかです。生活保護を利用せざるを得ない人たちは家庭環境も複雑な場合も多いです。扶養の強要によってこれまで以上に家族関係がこじれ、いっそう孤立させることになります。DV被害者や虐待を受けてきた人たちが加害者の扶養を強要されることになったり、加害者の影に怯える彼ら彼女らに生活保護の申請を諦めさせたりすることにもなりかねません。
 また、扶養義務の強化によるしわ寄せは中・低所得者世帯に集中し、これまでかろうじて貧困に陥らずにいた世帯までもが貧困化する可能性があります。とくに、少子高齢化のもとで扶養義務を負うのは若い世代であり、子どもの教育費などでギリギリの生活をしている世帯が親の扶養まで強いられることになり、貧困の連鎖がさらに加速することになりかねません。
 そもそも日本の民法は、前近代的な規定(夫婦・直系血族・兄弟姉妹は義務を負う)を有しており、世界各国のうち、成人した親子や兄弟間で扶養義務を負わせる国の方が珍しくなっています。
 制度に対する正確な理解を徹底するとともに、民法877条を中心とする扶養義務規定を、「個人の尊厳」、「だれもが自分らしく生きる権利」という観点から見直すべきです。


7.「ケースワーカーの民間委託」について → 反対 

〈社会民主党の意見〉貴会の見解に同意します。
 様々な生活上の困難に直面している方々に対し、個別的、継続的、包括的に支援に結びつけるには、専門的知識を持ったケースワーカーの活用、配置が重要になります。その身分や雇用の安定、人材育成、研修強化こそ必要であり、安易な民間委託の拡大はケースワーク機能の低下が懸念されます。財政措置を強化し、生活保護のケースワーカーの増員と専門性の確保をはかるべきです。



・国民新党                                  ・  
 回答書(pdf)

1.貧困の拡大と生活保護の現状について
  ・貧困率を改善すべきと思うか 
  ・先進国でも低い捕捉率を改善すべきと思うか 
    → (まとめた回答)改善すべきと思う 

〈国民新党の意見〉過度な新自由主義経済政策の結果、需給のバランスが崩れ、「20年デフレ」」と共に所得格差の拡大が解決を要する社会問題になっていることは周知のことです。私ども国民新党は、このデフレ対策を徹底することによって、所得格差を縮小し、生活保護の絶対数を大幅に削減すべきものと考えます。

2.「生活保護給付水準の引き下げ」について → 反対

〈国民新党の意見〉給付水準の引き下げは、貧困層の固定化やなお一層の深刻化(生活保護の拡大)を招くばかりであると考えます。そのようなマイナス思考ではなく、貧困層の撲滅こそ政治に課された大きなテーマと心得ます。

3.「現金給付から現物給付へ」について → 反対

〈国民新党の意見〉生活保護の家庭で育ったこともたちにとって、現物支給されて自らのプライドを傷つけられることが、いかに屈辱的かを考えるべきです。先生から半ば公然と(他の生徒にわかるような形で)教科書を交付された記憶は、決して消えることはないと思います。

4.「働ける層(稼働層)の自立支援策実践の義務化や有期保護制」について 
    → 反対

〈国民新党の意見〉チャレンジできる制度的な仕組みを作ることが、これからの政治テーマだと考えます。大卒で、非正規採用になった人が、将来とも這い上がる機会のない社会は、まさに希望のない社会です。

5.「ジェネリック医薬品の使用義務付けや医療費一部自己負担制の導入による医療費抑制」について 
    → 賛成

〈国民新党の意見〉医薬品が安価になれば、その分を診療報酬に充てることができ、結果として医療費の抑制につながっているわけですから、安全性についての仕組みを作った上で、大いに奨励すべきものと考えます。
 なお、一部自己負担制の導入は、貴見のとおり良い結果を生まないと考えます。


6.「特定の扶養義務者に対し扶養できないことの証明義務を課す」について
    → 賛成

〈国民新党の意見〉親が子を、子が親を慈しむのは、社会生活の根本規範だと考えます。扶養能力があるにもかかわらず、生活保護を強いることは、人倫の道に外れた考えだと思います。

7.「ケースワーカーの民間委託」について → 反対 

〈国民新党の意見〉国の果たすべき義務だと考えます。この世界に、収益性・効率性を追求する民間委託を考えるべきではないと考えます。



 


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク