チラシ(PDFファイル)
3月30日シンポジウム「生活保護基準引き下げは、すべての子どもの命と育ちと学びにどう影響するの?」


生活保護を受けていなくても、保育料があがるの?

就学援助金・奨学金が打ち切られる?

虐待が増える?高校中退が増える?

その時、子どもたちの未来は、
  社会はどうなるの?????






 平成25年度予算案には生活保護基準の引き下げが盛り込まれています。
 社会保障制度の「岩盤」である生活保護基準が引き下げられれば、市民生活全体に大きな影響がでることになります。特に子育て世代の皆さんは生活保護を受けていなくても大打撃をこうむりそうです。
 生活保護基準引き下げで私たちみんなの暮らしがどうなってしまうのか確かめます。皆様、お誘い合わせの上ご参加下さい。


【開催概要】
日時 3月30日(土) 午後1時から4時
場所 弘済会館4階
 

   JR四ッ谷駅・麹町出口徒歩5分、地下鉄四谷駅・共通1番出口徒歩5分
   アクセス→http://www.kousaikai.or.jp/kousai/access.html 
入場無料(カンパ歓迎)・申込不要


【プログラム】
第1部 シンポジウム
 生活保護基準引き下げは、すべての子どもの命と育ちと学びにどう影響するの?


もしも、日本全体が40人のクラスだったら。
 どんな子どもたちがいるのでしょうか?
 生活保護基準が引き下げられたら、どんなクラスになってしまうのでしょうか?

* コーディネーター   
田尻敦子(大東文化大学准教授)

* 「生活保護基準引き下げ」ってどんな話?   
小久保哲郎(弁護士)
* 小学校・中学校・高校では?就学援助金や奨学金は?
          
青砥恭(NPO法人さいたまユースサポートネット代表理事)
* 幼稚園・保育園では?そして、介護・障がい・労働への影響は?
          
伊藤周平(鹿児島大学法科大学院教授)
* 子どもの虐待はどうなるの?  
 山野良一(千葉明徳短期大学教授)
* 子どもたちの未来は?    
吉岡力(団体職員)
* どんなクラスにしたらいいの? 
 尾藤廣喜(弁護士)

第2部 ワークショップ
メッセージカードを書こう!参加者の声を共有しよう!そして国会に届けよう!




主催 「STOP!生活保護引き下げアクション!」





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク