140325生活保護問題院内集会

印刷用(PDF)はこちら click!


「窓口の運用は変えない」という国会答弁は
ウソだったのか?
 

今年2月27日に発表された「改正」生活保護法に関する省令案(3月28日までパブリックコメントを募集中)に、さまざまな疑念が寄せられています。
昨年の国会では、申請手続きや親族の扶養義務について議論がおこなわれ、その一部は法案の修正や附帯決議という形で反映されました。しかし、厚生労働省が発表した省令案はこれらの議論を全く踏まえない内容になっています。
各地で「改正」法に対する懸念を先取りするような問題ケースも相次いでいます。

また、昨年8月に始まった生活保護基準引き下げに対しては佐賀で裁判が提起されるなど抗議の声が高まっています。4月1日には断行される第2弾の生活保護基準引き下げを前に、改めて基準引き下げの問題点も検証します。

ぜひ多数ご参集ください。

●日時 2014年3月25日(火)12:00~14:00   

●場所 衆議院第2議員会館 多目的会議室      


一般参加の方は11:45から第2議員会館1階ロビーで通行証を配布します。
 定員は140名(先着順)です。定員を超えた場合ご参加いただけませんので
 ご了承下さい。

●プログラム(敬称略)                              

  ■ 当事者による開会宣言 川西 浩之

  第1部 基調報告
    「生活扶助相当CPI」の問題点と基準引き下げの最新情勢
         森田 基彦(弁護士)
        
  第2部 
   ・基調報告「法『改正』の問題と省令案、何が問題なのか?」
         小久保 哲郎 (弁護士) 

   ・報告「各地で頻発する『水際作戦』」
         今岡直之(NPO法人POSSE)
         稲葉剛
         (NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)

           
  まとめ~厚労大臣裁決や各種勝訴判決の成果も踏まえて 
      尾藤廣喜 (弁護士)

  この他当事者・支援者の声

【司会】雨宮処凛(作家)


【主催】生活保護問題対策全国会議
   


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク