4月1日に、2回目の生活保護基準引き下げが実施されました。

消費税増税にあわせての基準引き上げも同時に実施され、結局どうなっているのか?
詳しくは、↓ ↓ ↓ をご覧下さい。


201404審査請求チラシ

201404審査請求書ひな形


印刷用(PDF)のダウンロードは、こちらをクリック!


審査請求書の提出についてのQ&A


福祉事務所に提出に行ったら、「うちでは受け付けない。県庁に行け」と言われました。どうしたらいいの?


 行政不服審査法第17条1項で、審査請求は処分庁(福祉事務所)を経由してできる、とされています。また、昨年8月の審査請求の際に、受付をしようとしない福祉事務所が続出したので、厚生労働省も「、「審査請求人が都道府県知事宛の審査請求書を福祉事務所に提出した場合には、福祉事務所において、当該審査請求書を都道府県知事に送付していただくことになります。」という通知を出しました。
 従って、福祉事務所でも審査請求を受け付けるべきものです。
 もちろん、直接、県庁に持っていたり、郵便で送ったりしてもかまいません。

福祉事務所に提出に行ったら、「保護費が増えているのに、審査請求なんてできないよ!」と言われました。どうしたらいいの?

 生活保護費が増えているとしても、生活保護基準引き下げにより損(不利益)を受けていることには変わりません。審査請求をすることができます。また、保護決定通知書の下部か裏面に、「この決定に不服がある場合は、決定を知った日の翌日から60日以内に審査請求ができます」と、小さい字で書いてあるはずです。

それでも、福祉事務所で受付がされない場合は、すぐに厚生労働省に電話して、改善指導を求めて下さい。
 担当:社会援護局保護課審査係
 電話番号 03-5253-1111(代表) 
 内線2822(審査係)


保護決定通知書をなくしてしまった! もう審査請求できない?

 保護決定通知書をなくしてしまっても、審査請求はできます。
処分の内容は、生活保護が打ち切られたのでなければ「変更」です。
処分の日付や処分を知った日については、覚えている範囲で書いて下さい。どうしても、正しい内容を知りたいなら、福祉事務所に聞いてみることもできます。


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク