FC2ブログ
生活保護への締め付けが強化される中、「真の生活保護法改革」を目指す書籍を発行しました。
多くの方に読んでいただきたい一冊です。

これがホントの生活保護改革
「生活保護法」から「生活保障法」へ


生活保障法へ



……私たちは、これらの動きに対して、幅広い方々と連帯して反対運動を行ってきました。しかし、このような、政府による相次ぐ「改悪」に見るとき、今や、反対運動だけではなく、「真の生活保護制度の改革」はどうあるべきかを積極的に提案し、これを強力に推し進めていくことこそが必要であると確認しています。
 そのために、2つの視点を重視しました。    
 第1は、生活保護の現場に表れている矛盾、問題点から出発し、これを徹底的に分析し、憲法25条、13条の理念に基づき改革案を提案するという視点です。
 そして、第2には、今や諸外国の「公的扶助」に比べて、大きく水をあけられ、遅れた制度になってしまった生活保護制度を諸外国の制度と実態との比較の中で、改革しようという視点です。
 いずれも、「生存権」のルネッサンスを目指した提案となっています。

~「はじめに」より(尾藤廣喜・当会代表、弁護士)




【目次】

はじめに

第1章 相次ぐ生活保護基準引き下げと法「改正」
Ⅰ 2018年の引き下げについて

1 生活保護基準の引き下げ
 2 生活扶助基準の引き下げの意味
 3 子どものいる世帯の扶助・加算
 4 他の低所得者施策への影響

Ⅱ 2018年の生活保護法等の「改正」の問題点
 1 生活保護法「改正」等の問題点
 2 野党共同提案に見える本来の改革の方向性

Ⅲ 2013年の生活保護基準引き下げと「いのちのとりで裁判」
 1 2013年からの生活保護基準引き下げの内容
 2 2013年からの生活保護機運引き下げの問題点
 3 前代未聞の攻撃には前代未聞の反撃を


第2章 私たちの生活保護法・実施要領改正提案
Ⅰ 生活保護法改正提案

 1 法律の名称
 2 捕捉率の調査・向上義務
 3 広報義務・教示義務
 4 扶養義務の限定
 5 生活保護基準の決定方法
 6 職員の専門性と人員体制
 7 一歩手前の困窮層の支援(一部扶助の単給化)

Ⅱ 実施要領改正提案

 1 預貯金についての保有要件の緩和
 2 処分価値の低い自動車の保有を認める
 3 稼働能力活用要件の改正
 4 大学等進学による世帯分離の廃止(世帯内就学)


第3章 地域でできる運動の提案
 1 「見てみよう、行ってみよう、聞いてみよう」運動
 2 専門職採用を進めるべき
 3 条例の制定-滋賀県野洲市「くらし支え合い条例」に学ぶ
 4 地方議会への請願・意見書採択運動
 コラム 「小田原ジャンパー事件」から見えたもの


第4章 先進諸外国の公的扶助・社会扶助
 Ⅰ 日本
 Ⅱ ドイツ
 Ⅲ フランス
 Ⅳ スウェーデン
 Ⅴ イギリス
 Ⅵ アメリカ
 Ⅶ 韓国





《姉妹編》も宜しくお願いします。

間違いだらけの生活保護バッシング 間違いだらけの生活保護「改革」




*お申し込みはこちらから
注文フォームから申込み
FAX注文書をダウンロード



【書籍情報】
書籍名:これがホントの生活保護改革 「生活保護法」から「生活保障法」へ
編著:生活保護問題対策全国会議
発行:株式会社明石書店
定価:1200円(消費税割引ます)
A5版 120頁


※消費税はサービスしていますが、送料がかかります。
Amazonで注文されたい方は、こちらからどうぞ。

      


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒569-1124
大阪府高槻市南芥川町8-32-203
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-648-3575
FAX 072-648-3576

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク