FC2ブログ
1日目集計報告(暫定)

1.実施
・日時 4月18日(土)10時~22時(地域により終了時刻は異なります)
・開催地域 21地域・26会場
・電話回線 72回線
・相談員数 204名 

2.相談件数 2816件(群馬、神奈川除く)

3.相談者の年代別件数(一部未集計地域あり)
 20代 16件
 30代 38件
 40代 119件
 50代 209件
 60代 254件
 70代 253件
 聞き取る余裕がなかった 996件

4.職業・地位別相談件数(一部未集計地域あり)
 正社員 64件
 パート・アルバイト 94件
 契約社員 25件
 派遣 39件
 業務請負・個人事業主 119件
 自営業 211件
 無職 454件
 他 56件
 
5.月収別相談件数(一部未集計地域あり)
 ~10万 267件
 ~20万 153件
 ~30万 18件
 ~40万 9件
 ~50万 2件
 51万~ 4件
 
6.分野別相談件数(一部未集計地域あり)
 生活費問題 1011件
 住宅問題 53件
 債務問題 49件
 労働問題 221件
 家庭問題 32件
 健康問題 75件
 他 315件
 
7.アンケート「国の施策を評価しますか」
 全く評価しない 175件
 評価しない 283件
 どちらともいえない 309件
  ※「遅い」とのコメント多数
 評価する 131件
  ※「一律給付について」とのコメント多数
 高く評価する 34件

8.アンケート「国に求める施策は?」
・とにかく、スピーデイにやってほしい(50代・男性)
・高齢者が買い物でスーパーなどに行かなくいいようにしてほしい(70代・女性)
・困っている人の声が届く政治に(60代・女性)
・マスクを早く支給してもらいたい(70代・男性)
・とにかく政府の対応は後手後手。もっと早く対策を(不明)
・末端で暮らす国民に目を向けて、税金の使い方をもっと考えてほしい(50代・女性)
・都道府県ごとにばらばらなので足並みを揃えて欲しい
・迅速に決めて欲しい、ぶれないで欲しい(60代)
・この状態で地震が起きて避難所に人が密集したらコロナの感染リスクがある、このようなケースに対して考えて欲しい(60代)
・もっと金額を出して欲しい(70代)
・労働問題にもっと取り組んで欲しい(50代)
・広く休業補償して欲しい
・年金と生活保護受給者を手厚く保護してほしい(70代)
・検査を誰でも受けれるようにしてほしい(60代)
・10万円支給を何回も支給して欲しい(60代)
・若いホームレスを助ける施策を、食料備蓄(60代)
・8割接触するなというならもっと補償が必要(50代)
・30万残したまま10万支給にしてほしかった
・マスクだけでなくアルコールも欲しい(50代)
・貧困の方々も支援してほしい
・マスク支給よりほかの医療関係にお金を投入したほうが良い
・年収に応じた給付をしてほしい(50代)
・マスクより医療関係者にお金をかけてほしい(70代)
・強制的にお店を閉めるなど首相がリーダーシップをとってほしい(60代)
・休業補償の対象以外にも補償してほしい(50代)
・水道料金を支払わなくても停止をしないよう要望する
・需要をテコ入れする経済を国にしてほしい
・10万円を今後も継続してほしい(40代)
・銀行に金利に対して支持を出してほしい(70代)
・各知事を厳しく指導してほしい(60代)
・整体師も補償の業種にしてほしい(40代)
・不安定なアルバイトのことをもう少し考えてほしい、貸付を受けても返せる自信がない(50代)
・消費税を下げてほしい(60代)"
・医療従事者への支援(60代)
・国民へのマスクの配布(60代)
・中小企業の救済(40代)
・飲食業等の自営業の救済(40代)
・10万円の早期支給(60代)
・高校の休校への対応・保障
・ワクチンや治療薬の早期開発支援
・国民の困っていることをもっと聞いて政策を考えて欲しい(50代)
・マスクの増産支援(60代)
・病院関係者の支援(60代)
・観光関連産業への支援(60代)
・子ども手当の増額(20代)
・検査の迅速化(80代)
・生活保護利用者にも10万円給付(60代)
【補償】
・一過性ではない生活の保障をして欲しい(60代男性)
・店舗等の休業の補償をきちんとしてもらいたい(50代)
・家賃の保障をしてもらいたい。
【税金】
・税金の支払いの猶予等をしてもらいたい
【医療】
・望む者全てにPCR検査を受けさせて欲しい
・医療従事者への配慮、専門機関の拡充をしてもらいたい(複数)"
・年金の引き下げはやめてほしい
・もっと生活のことを考えてほしい
・現金支給を早急に
・10万円の給付は課税対象外にして欲しい。
・安倍首相がぶれているのが嫌
・弱者に目を向けて欲しい、他人事に見受けられる。
・生活命を守って欲しい。国はすぐにお金を出すべき。
・1回だけではなく継続した支援を.
・麻生発言は許せない
・対応が遅い、もっと迅速に。
・持続化給付金の速やかな支給
・持続化給付禁について、今年から事業を開始した者への支援
・10万円給付に対する収入認定除外"
・本当に100万円ほしい(男性)
・早く支給してほしい(3人)
・マスクいらない(1人)
・遅い
・制度は早く決めてほしい
・スピード感を持って対応してほしいとの声多数
・生活保護受給者のことも考えて欲しい
・10万円を収入認定してほしくない
・もっと早く対応して欲しい
・PCR検査を簡単に出来るようにしてほしい
・マスクより現金を
・収入がなくなった者には、直ちに貸付でなく、当面の援助をして欲しい
・迅速に対応して欲しい
・2転3転するので、整理してから公表して欲しい
・日本は補償が少ない
・国も大変でしょうが、母子家庭を守って欲しい
・お金を出すのは良いが、申請手続が大変である
・自粛の対象にならない業種にも,休業補償をして欲しい
・10万円を支給されるのは良いが、一時的ではなく継続的に給付して欲しい
・10万円給付の対象者に外国人も含むのか。支給範囲が決まる前に十分議論して欲しい。
・対策がぼんやりしている。不要不急とは何か、どれくらい移動してはいけないのかなど、もっと具体的に示して欲しい。


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらのフォームから お申込いただきましたら、事務局にて入会手続を取らせていただきます。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒569-1124
大阪府高槻市南芥川町8-32-203
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-648-3575
FAX 072-648-3576

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク