FC2ブログ
生活保護基準引き下げ、生活保護法「改正」について、
わかりやすくまとめました!
ぜひ、ご一読下さい。


書店でも購入できますが、①ネットお申込(注文フォーム)、②FAXでのお申込(注文用紙をダウンロード)が、③メールでの申し込み(seihokaigi@hotmail.co.jp)が可能です。

(送料などのご負担が必要ですが、消費税分だけ値引きしております)




●間違いだらけの生活保護「改革」
-Q&Aでわかる基準引き下げと法「改正」の問題点  

 間違いだらけの生活保護「改革」



生活保護問題対策全国会議 【編】

発行:明石書店

発行日:2013年8月下旬 概要:A5版・157頁

価格 1冊1,200円(定価:1,260円税込)





8月から実施された、かつてない規模の生活保護基準引き下げ。
生活保護を利用する者も、利用しない者も大きな影響を受けるこの引き下げの
何が問題なのか!?

そして、秋に再提出が予定されている生活保護法改正法案をはじめとする
生活保護制度改正は「改正」と呼べるものなのか!?

――これらの疑問にQ&Aで答える。
推し進められる「改革」の実態を伝える、コンパクトでわかりやすい一冊!



目次
序章   間違いだらけの生活保護「改革」
 ● なぜ、生活保護制度が見直されるの?
 ● 生活保護「改革」どこが「間違いだらけ」なの?

第1章 Q&A:生活保護の誤解と利用者の実像
● 生活保護基準引き下げって、どんな内容?
● 生活保護基準の引き下げで、生活保護を利用している世帯の保護費は具体的に
 どれだけ減るの?
● 生活保護基準部会の検証結果を理由に生活保護基準を引き下げてもいいの?
● 物価下落(デフレ)を理由に生活保護基準を引き下げてもいいの?
● 保護基準の引き下げは、生活保護を使っていない私たちには関係のない話でしょ?
● そもそも生活保護基準(ナショナルミニマム)って、どうやって決めるべきなの?
● 生活保護基準引き下げに不服があれば、どうすればいいの?

〔論考①〕デフレを理由に生活保護基準を引き下げてよいのか(池田和彦)

〔論考②〕絶対おかしい生活扶助相当CPI(白井保彦)

第2章 生活保護法の「改正」
● 生活保護法の「改正」などで生活保護制度が大きく変わると聞いたけど、
 どう変わるの?
● 生活保護法「改正」で申請手続きが厳格化されると聞いたけどどうなの?
● 生活保護法「改正」で親族の扶養が強く求められるようになると聞いたけど
 どうなの?
● 働ける年齢層の人に対する就労指導が厳しくなると聞いたけどどうなの?また、
 働いたことが利益になるようインセンティブを強化すると聞いたけど効果はあるの?
● 生活保護法「改正」で、医療機関への管理が強まり、後発医薬品の利用が強制
されると聞いたけどどうなの?
● 生活保護「改正」で不正・不適切受給対策が強化され、不正受給の徴収金が
増額され、保護費から「天引き」できるようになるの?

〔論考〕人権保障の時代に生活保護はどうあるべきか(井上英夫)



「賃金と社会保障」1585号に、
当会議会員でもあるジャーナリストの安田浩一さん(『ネットと愛国』の著者)の小野市福祉給付制度適正化条例についてのルポや
中日新聞編集委員の白井康彦さんの生活扶助相当CPIについての分析、
三郷市生活保護国賠訴訟についての論文が掲載されています。

発行元の賃社編集室(発売元の旬報社ではなく)に直接注文すれば定価2100円のところを1200円で販売するそうです。

↓ ご注文先
-------------------------------------------------------------------------------
有限会社賃社編集室
〒162-0065東京都新宿区住吉町8-5 曙橋コーポ2A
TEL03-6380-4103
FAX03-6380-4312
yamabuki@za.wakwak.com
-------------------------------------------------------------------------------
※ 当会の書籍注文フォームからはご注文いただけません。
  ご注文は必ず上記にお願いいたします。


賃金と社会保障 No.1585 2013年5月上旬号

特集:生活保護バッシングの果てに/三郷市生活保護国家賠償訴訟
安田浩一+白井康彦+吉廣慶子+村田悠輔

show_image.jpg
目次
◎特集/生活保護バッシングの果てに
*小野市「適正化条例」と民意[ジャーナリスト 安田浩一]
・小野市福祉給付制度適正化条例の制定に関する小野市市長コメント
・小野市福祉給付適正化条例に反対する広島弁護士会会長声明

*生活扶助相当CPIの謎を解く―「物価下落」を理由にした基準引き下げはやはりおかしい![中日新聞名古屋本社編集局生活部編集委員 白井康彦]

◆資料
・生活扶助基準の見直しに関する福島みずほ議員の質問主意書と政府の答弁書
・生活保護基準の大幅引下げに反対する会長声明(日本弁護士連合会、岐阜県弁護士会)
・物価下落を理由にした生活保護基準引き下げはやはりおかしい!という、ここまでの検証のまとめ(作成:山田壮志郎 日本福祉大学准教授)

◎特集/三郷市生活保護国家賠償請求訴訟
*三郷市生活保護裁判の勝訴報告[弁護士 吉廣慶子]
*口頭による生活保護申請と行政の「水際作戦」による申請権侵害の国家賠償訴訟による救済―三郷市生活保護国家賠償請求事件判決について[東京自治問題研究所研究員 村田悠輔]
・生活保護窓口における違法な運用の是正を求める日弁連会長談話
・三郷市生活保護国家賠償訴訟さいたま地裁判決に対する埼玉弁護士会会長談話
・三郷市生活保護国家賠償請求訴訟 弁護団声明
◇社会保障・社会福祉判例/三郷市生活保護国家賠償請求事件・さいたま地方裁判所判決(平成25年2月20日)
埼玉県三郷市の福祉事務所職員らが、原告らが生活保護の開始申請をしたにもかかわらず申請として扱わず又は生活保護の申請を妨害し、生活保護の開始決定後も住宅扶助費を支給しなかった上、原告らが市外に転居した際に転居先自治体の福祉事務所への移管通知を怠り、転居後は生活保護を受けずに生活することを強要して転居先自治体での保護申請を禁止したとして、原告らが本来なら得られるはずであった生活保護費相当額の損害及び慰謝料等の国家賠償請求が認容された事案。

本文訂正
45頁二段目三行目、六行目、九行目、三段目三行目
誤:二〇〇六年三月二二日
正:二〇〇五年三月二二日


●生活保護とあたし

  生活保護とあたし

発行日:2012年12月12日 概要:B46判・176頁
価格: 1冊1,400円

2012年は激しい生活保護バッシングがありました。その中でDV被害者でもあるあたしが、この本を書くことは大変に怖いことでもあり、勇気がいりました。
 けれども、あたしは生活保護を利用しているものの暮らしの実態を、もっとちゃんとわかってほしい、利用者の声をきいて欲しいと、ずっと思い続けていました。生活保護制度について、また、生活保護利用者に浮いて、様々なご意見があることはよくわかっています。
 でも誤解されたままで批判されたくはないのです。
 だから、
「今書かなければ一生後悔する」
 そんな気持ちで書きました。


目次
 第1章 生活保護を受けるまでが大変です
 第2章 めでたく?生活保護を受給
 第3章 生活保護の暮らしってこんなです
 第4章 ケースワーカーってどんな人?
 第5章 こんなことも知っていただければ
 第6章 大切な居場所と仲間たち
 第7章 生活保護バッシングと制度改正




当会が編著・監修・発行その他関与した書籍をご案内します。
 それぞれの書籍の内容については、画像あるいは書籍タイトルをクリックしてください。


〈購入の申込について〉
 ①ネットのでのお申込の場合は、こちらのフォームから、お申込いただけます。
 ②FAXでのお申込の場合は、こちらから注文用紙を印刷して下さい。

書籍注文についてのお問い合わせは、とくたけ司法書士事務所(大阪府柏原市清州1-2-3-4:電話072-970-2232)までお願いします。

特定商取引法に基づく表示



●生活保護とあたし

  生活保護とあたし
著者:和久井みちる
発行日:2012年12月12日 概要:46判・176頁
価格: 1冊1400円

 2012年は激しい生活保護バッシングがありました。その中でDV被害者でもあるあたしが、この本を書くことは大変に怖いことでもあり、勇気がいりました。
 けれども、あたしは生活保護を利用しているものの暮らしの実態を、もっとちゃんとわかってほしい、利用者の声をきいて欲しいと、ずっと思い続けていました。生活保護制度について、また、生活保護利用者に浮いて、様々なご意見があることはよくわかっています。
 でも誤解されたままで批判されたくはないのです。
 だから、
「今書かなければ一生後悔する」
 そんな気持ちで書きました。
 (本書まえがきより)



●市民の力で貧困を絶つ! 貧困に抗する力を広げていこう

  市民の力で貧困を絶つ!
発行日:2007年12月15日 概要:A5版・230頁
価格: 1冊1800円500円

貧困と格差が広がる中、生活保護運動をどう進めていくべきか。労働運動・消費者運動などと、運動の枠を越えてつながろう! と手を取り合った活動の経過をつづる。




・当事者の声を聞き、活動の息吹を感じよ!
 岐路に立つ日本の「いま」が見える最良の入門書(推薦・湯浅誠)
・反貧困”の狼煙は、生活保護の現場から上がった。(推薦・宇都宮 健児)



●法律家・支援者のための生活保護申請マニュアル2014年度版
*なお、書店での販売は取り扱っていませんので、直接、当会議の担当者にお申し込み下さい。
 
  
  生活保護申請マニュアル2014年度版

発行日:2014年8月22日 概要:B5版・205頁・CD付き
価格: 1冊1,800円


支援の現場で頻出の論点67項目について、Q&A方式でわかりやすく解説。
初版発行以来、幅広い現場で活用されてきた支援者必携の1冊。


「生きる権利」を守る生活保護を、あなたの目の前にいる人に…。

 最低生活費計算ソフトCD、申請書、相談票、各種申立書等の様式つき!




間違いだらけの生活保護バッシング
  -Q&Aでわかる生活保護の誤解と利用者の実像 
 
 間違いだらけの生活保護バッシング
発行:明石書店
発行日:2012年8月中旬 概要:A5版・120頁
価格: 1冊1050円(税込)





芸能人の母親の受給を機に、マスコミ報道・国会議員による追及など
かつてない規模で展開された生活保護バッシング。
 問題となった「扶養義務」とは? 
 利用者は本当に「怠け者」で贅沢な暮らしをしているのか?

――これらの疑問にQ&Aで答える。生活保護にまつわる誤解を解き、
利用者の実像を伝える、コンパクトでわかりやすい一冊!





●徹底調査・生活保護バッシングで隠された真実
  「餓死・孤立死」の頻発を見よ!
 
 
  徹底調査・生活保護バッシングで隠された真実・「餓死・孤立死」の頻発を見よ!
発行:あけび書房
発行日:2012年8月1日 概要:A5版・152頁
価格: 1冊1680円(税込)



「貧しき者は死ねと言うのか!」



悲劇の根底には、あまりに貧困な高齢者介護、障害者福祉政策、
そして、非人間的な生活保護行政の姿がある。
各分野の専門家で結成した調査団が
その真相を徹底究明する。
~生活保護バッシングの問題点徹底整理の諸声明も収録




●〈緊急出版〉生活保護「改革」 ここが焦点だ!
  生活保護「改革」 ここが焦点だ!
発行:あけび書房
発行日:2011年7月1日 概要:A5版・160頁
価格: 1冊1,680円


生活保護が、今、根本的に変質されようとしている。
その問題点を整理し、制度のあり方を提言!
わかりやすいQ&A、豊富な資料満載。






反貧困つながるブックレット①
●アメリカ福祉改革の悲劇に学べ!~え!? 日本でも生活保護が5年で打ち切りに?~

  アメリカ福祉改革の悲劇に学べ!
発行日:2009年7月18日 概要:A5版・108頁
価格: 1冊700円

地方自治体から要望されている、期限付きの生活保護。「福祉から就労へ」を合い言葉に、これを導入したアメリカでは何が起こっているのか。日本ではどうなるか。

日米最前線の研究者・支援者が語る。



 
反貧困つながるブックレット②
●カウンター越しの対立を超えて~生活保護国庫負担増とケースワーカーの増員を求めてつながろう!~

  カウンター越しの対立を超えて
発行日:2010年1月16日 概要:A5版・104頁
価格: 1冊700円

広がる貧困を救うため、疲弊した生活保護行政の現場の改善が急務。今こそ国が「国家責任」を果たすべき!
支援者・利用者と福祉事務所が仕組まれた対立を超えて手を取り合おう、と語り合った一冊。





当会が編著・発行した書籍をご案内します。
書店にてご注文もできますし、①ネットお申込(注文フォーム)、②FAXでのお申込(注文用紙をダウンロード)も可能です。




ぜひ読んでください!
●間違いだらけの生活保護バッシング
  -Q&Aでわかる生活保護の誤解と利用者の実像  

 間違いだらけの生活保護バッシング




生活保護問題対策全国会議 【編】
発行:明石書店
発行日:2012年8月中旬 概要:A5版・120頁
価格: 1冊1050円(税込)





芸能人の母親の受給を機に、マスコミ報道・国会議員による追及など
かつてない規模で展開された生活保護バッシング。
 問題となった「扶養義務」とは? 
 利用者は本当に「怠け者」で贅沢な暮らしをしているのか?

――これらの疑問にQ&Aで答える。生活保護にまつわる誤解を解き、
利用者の実像を伝える、コンパクトでわかりやすい一冊!



目次
第1章 Q&A:生活保護の誤解と利用者の実像
  ●そもそも生活保護って、どんな制度なの?
  ●親・きょうだい(扶養義務者)がいれば生活保護は受けられないの?
  ●人気お笑い芸人の母親が生活保護を受けていたことが話題になったけど、
   高額所得の息子がいるのに親が生活保護を受けるのはおかしくない?
  ●諸外国では扶養義務と生活保護の関係はどうなってるの?
  ●扶養義務者に扶養できないことの証明義務を課す法改正をするっていう話が
   出ているけど、改正したらどうなるの?
  ●生活保護の人はけっこう贅沢して楽しんでいるんじゃないの?
  ●保護費をギャンブルや酒に使っている人って一体何なの?
  ●生活保護受給者がどんどん増えて過去最多になったってホント?
   日本の受給者の数は多すぎるのでは?
  ●生活保護の基準が甘くなって、保護を受ける人が増えているの?
  ●働けるのに働かないで保護費を受け取っている人が増えてるんでしょ?
  ●生活保護を受けるのが「恥」だという意識が薄れてきて、平然と保護を
   受ける人が増えるのは困りものでは?
  ●日本の生活保護費は国や地方の財政を圧迫しているんでしょ?
  ●悪質な不正受給が増えているんでしょ?
  ●不正受給を取り締まるため、福祉事務所にどんどん警察官OBを配置したら
   いいんじゃない?
  ●年金や最低賃金の額よりも生活保護費の方が高いっておかしくない?
  ●デフレなんだから生活保護費を下げても問題ないんじゃない?
  ●無駄な診療をなくすため、生活保護受給者にも医療費を窓口で一部自己負担
   させるべきでは?
  ●無駄をなくすため生活保護の住宅や食料などは現物で給付するようにしたら
   どう?

第2章 生活保護利用者の声

第3章 マスコミによる生活保護報道の問題点(水島宏明)

第4章 生活保護“緊急”相談ダイヤルの結果報告

第5章 生活保護バッシング、餓死・孤立死事件と生存権裁判(井上英夫)

第6章 生活保護をめぐる最近の動きと改革の方向性(吉永 純)




RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒569-1124
大阪府高槻市南芥川町8-32-203
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-648-3575
FAX 072-648-3576

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク