生活保護法改正法案&生活困窮者自立支援法案の問題点ペーパ

印刷用(PDF版)のダウンロートはこちらから click!

10月17日(木)15時より、緊急院内集会が開催されます。
ご案内はこちらから。click
 

131017緊急院内集会チラシ

チラシ(PDF版)のダウンロードはこちらから click

安倍政権が10月の臨時国会で
成立を目指す「生活保護法改正法案」と
「生活困窮者自立支援法」。

この2つの法案は、政府が推進する
「社会保障削減」の流れの中で現われた、
「いのち」の持続可能性を脅かす制度改悪と
みることもできます。

 -そもそも存在を知らなかった?
 -どんな法律なの?
 -何が問題なの?

このまま進むと、私たちの「いのち」が
切り捨てられてしまいます。

社会保障削減にNO!
生活保護改悪にNO!
 私たちの声を政府に届けていきましょう

【開催概要】
1.日 時  10月17日(木)15:00~18:00
       (14:40~参議院議員会館ロビーにて通行証を配付)

2.場 所  参議院議員会館講堂

3.プログラム
 ・基調講演 布川日佐史氏(法政大学教授)
 ・報告者  稲葉剛氏
         (NPO法人もやい/住まいの貧困に取り組むネットワーク)
        竹信三恵子(和光大学教授/元朝日新聞記者) 
        森川清氏(弁護士)
   その他、当事者のリレートーク支援現場からの報告等

 ・司会◆雨宮処凛氏(作家)・大西連(NPO法人もやい)

【主催】
 いのちの切り捨てを許さない!緊急アクション


【問い合わせ】東京都新宿区新小川町8-20こもれび荘  もやい気付(担当:大西連)no.kirisute@gmail.com


生活保護基準引き下げにNO!
1万人審査請求運動に関する記者会見のお知らせ


【開催団体】生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット


 「争訟ネット」って?
 2013年8月からの生活保護基準引き下げに反対する学者、法律家(弁護士もしくは司法書士)及び個人で構成される任意団体です。
 ①生活保護基準引き下げに対する全国各地での争訟(訴訟及び審査請求)活動の連絡調整等や、②生活保護利用者からの問い合わせ応対、③生活保護基準引き下げに対抗する争訟活動を行う各地の個人・団体の連絡調整役などを主な活動内容とします。

近日中に公式ブログを開設して、Q&Aや審査請求書のひな形を公開する予定です。

 
 ご存じのとおり、最大10%の生活扶助基準の引き下げが決まり、本年8月より、引き下げが始まります。

 生活保護基準の引き下げは、生活保護利用者だけでなく、これに連動する多くの低所得者の生活を直撃します。しかも、国会審議でも明らかとなっているように、今回の引き下げの根拠は極めて薄弱です。

 私たちは、全国で1万人の審査請求を行うよう呼びかけるとともに、全国一斉のホットラインを企画しました。
是非多数ご参加ください。

【日時・場所】7月26日(金)13時~@厚生労働記者会

【内容】1 1万人審査請求運動の取り組み内容
    2 8月6日・7日実施の全国一斉ホットラインの告知

【発言者】
  ○ 宇都宮健児(弁護士、前日弁連会長)
  ○ 藤田孝典
    (ほっとプラス代表理事・社会保障審議会「生活困窮者の生活支援の
     在り方に関する特別部会」委員)
  ○ 稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)
  ○ 雨宮処凛(作家)
  ○ 安形義弘(全国生活と健康を守る会連合会会長)
  ○ 山田真吾(首都圏青年ユニオン)
  ○ みわよしこ(フリーライター)
  ○ 今野晴貴(NPO法人POSSE代表)
  ○ 赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)




埼玉県保険医協会さんの講演会のご案内です。

チラシ
宇都宮健児氏講演会1




















(講演会)私たちのこれからを考えてみませんか
お金がないと 医療さえも受けられない?
-広がる貧困の実態- 


 政府による経済の規制緩和が進む中、自助・自立を基盤として社会保障の縮小が続いています。
 本講演会では、弁護士として貧しい生活を送る人々を支援してきた宇都宮健児氏より、近年の貧困の実態、本来の社会保障の役割について解説していただきます。また、ゲスト発言者として県内で活躍する専門家らを招き、各分野から意見を交わします。「私たちのこれから」について考える機会になれば幸いです。

【開催概要】
 日時  2013年5月26日(日)18時30分より

 場所  埼玉会館小ホール(JR浦和駅西口徒歩6分)

 講師  宇都宮 健児(弁護士)

 ゲスト発言者 吉廣 啓子(弁護士)
          藤田 孝典(NPO法人ほっとプラス代表)
          大場 敏明(埼玉県保険医協会理事長)

 入場無料 どなたでも参加できます。
       
 主催 埼玉県保険医協会

  




以下のとおり、生活保護当事者によるデモが予定されています。応援します。

 *よびかけチラシや詳細はこちら。
   →「私たちの声をきいてください!生活保護利用者デモ」案内ページ



 いのちをつなぐ生活保護は恥じゃない!デモ

 以下の通り、「いのちをつなぐ生活保護は恥じゃない!デモ」をやります。
 当事者の方をはじめ、趣旨に賛同する多くの方の参加をお待ちしています。
 
  日 程        2012年8月8日(水)

  集合場所・時間   日比谷公園霞門 15:40

  出発時間(予定)  日比谷公園霞門 16:00

  デモコース(予定)

    霞門→左折→厚労省前→西幸門前右折→経産省前→霞が関二丁目→左折
   →虎ノ門右折→溜池直進→山王下(日枝神社入口)→左折→赤坂駅付近
   →左折→港区立氷川公園(港区赤坂6丁目5番4号)

  デモ到着時刻(予定) 17:00

  デモコース距離    約2.3km
   *到着後、希望者は水曜官邸前アクション(18~20時)へ!

  ※少雨決行デス

   ☆水とタオルを忘れずに!!帽子をかぶって熱中症に気をつけよう
   ☆顔を見せるのはちょっと…と思う人はかぶりもの・帽子・変装(?)して
    ご注意を!
   ☆生活にお困りの方で片道500円以上交通費のかかった方は、
    当日の自己申告によって交通費上限500円を補助します。 
      

  呼びかけ  首都圏生活保護利用者有志

  連絡先  ダメもとで告る生活保護利用者の会 
        住所:〒162-0814 東京都新宿区新小川町8-20 こもれび荘 もやい気付
         (現在事務所が用意できていないので、一時的にお借りしてます。) 
        メール:kokuru.seiho@gmail.com)


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

来場者数 (2012.6.19~)

コンテンツ

書籍のご案内

生活保護に関する書籍を監修・編著・発行しています。
書籍のご案内は、こちらをご覧下さい
①ネットのでのお申込は
 → 注文フォーム
②FAXでのお申込は、
 → 注文用紙をダウンロード

入会案内・寄付お願い

当会の活動・趣旨に賛同いただける方の入会・寄付を、随時受け付けています。
 →当会の設立趣旨と活動
会員には年1~2回の会報をお送りするほか、メーリングリストで生活保護問題についての情報交換をしています。
入会は、こちらから入会申込書をダウンロード(クリックしてください) の上、事務局までFAXをお願いします。

年会費
○弁護士・司法書士 5,000円
○団体      5,000円
○一般      2,000円
(生活保護利用者、それに準じる所得の方は1,000円)

会費・寄付のお振り込みは以下の口座までご送金下さい。
 りそな銀行 柏原支店
 普通 0096268
 生活保護問題対策全国会議

生活保護問題対策全国会議

問い合わせ先


【お願い】個別事例に対する相談はお受けしておりません。各地の生保ネット clickにご相談下さい。

(事務局)
〒530-0047
大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階
あかり法律事務所
  弁護士 小久保 哲郎
 電話 06-6363-3310
 FAX 06-6363-3320

(ブログ作成担当)
〒582-0006
大阪府柏原市清州1-2-3-4
とくたけ司法書士事務所
司法書士 徳武聡子
電話 072-970-2232
FAX 072-970-2233

 seihokaigi@hotmail.co.jp

過去の記事を探す

リンク